煩わしさから開放|レーシック手術で今よりもハッキリとした視界へ

術後のケア

東京には症例数や実績が多く信頼できるクリニックがあります。そういった東京のクリニックなどでレーシック手術を受けたあとは、しっかりとアフターケアを行うことが大切です。
術後1日で視力を回復することができる手術ではありますが、そのあとの生活によっては、再び近視になってしまう可能性もあるのです。
人は老化していくため、老眼になったり白内障になってしまったりする場合もあります。その際に視力低下が起こってしまいます。老化は遅らせることができても、確実に止めることはできません。
レーシック手術の効果をより持続させるためには、日々のケアが重要です。それにより老化を遅らせることにも繋がるのです。

レーシック手術の後は、きちんと点眼し、サングラスをかけて目を保護することが大切です。目を強くこするといったことも避けるよう心がけましょう。
1~3ヶ月程度で視力が安定してくるため、それまでは目に負担をかけないようにします。安定してからも、暗いところで読書したりゲームをしたりしないようにすることが大切です。
それから、目によいとされる野菜や魚などを摂取するなど、食生活を改善して目を労っていきましょう。
夜更かしをすることも避け、規則正しい生活を送ることも効果的です。睡眠時間をきちんと確保し、1日酷使した目をしっかり休ませます。そうすることで、レーシック手術の効果を持続させることができるのです。