煩わしさから開放|レーシック手術で今よりもハッキリとした視界へ

手順について

レーシックは角膜にレーザーを照射して、近視、遠視、乱視を治療します。目は光が屈折することで物を見ることができるため、その屈折力の強さを調整するのです。
光は、角膜や水晶体を通過して、奥の網膜で焦点を結ぶようになっていますが、屈折力が弱かったり強かったりすると、きちんと焦点が合いません。そのせいで近視、遠視、乱視が起きてしまいます。
正しい屈折力にするために、レーシック手術が必要なのです。

レーシック手術の手順についてご紹介します。
まずは目薬のような液体の点眼麻酔を行います。そのあとで目をきれいに洗浄します。それから、器具やレーザーを使用して角膜に切り込みを入れます。これはフタのようになっており、開けて中にレーザーを照射するのです。レーザーを照射することで角膜の形を変えて、視力の回復を目指します。
レーザーは、眼球が動いてもコンピューターによって正しい位置に当てることが可能なので、別のところに当て続けるということはありません。
レーザーの照射は数十秒ととても短い時間で終わるため、体に負担がかかりません。終了後は切れ込みを入れた角膜を元に戻します。
そして最後に再び目を洗浄して、レーシック手術は終了です。全ての工程で約10分という短さから、気軽に受けることができます。切り込みを入れた角膜も自然に元に戻るので安心です。

東京にはレーシック手術を受けることができるクリニックが多くあります。他の地域の人も東京にあるクリニックで受けることもあるのです。クリニックが多いことから、自分に合ったクリニックを選ぶこともできます。人気だから、友人に進められたからという理由で安易に手術をしないようにしましょう。手術を行う前にきちんとカウンセリングを受け、信頼できる、安全性が高いというクリニックを選ぶことが大切です。
また、東京の中でも費用が安いから、という理由だけでも選んではいけません。あまりにも費用が安い場合は丁寧な手術をしてもらえない恐れもあるのです。
口コミなども参考にして、信頼できるクリニックを探すようにしましょう。